サマーパーティ2016

地元メアブッシュのレストランを借りきって光山ピアノ教室のサマーパーティを開きました。今年はありさも手伝ってくれて前日から準備。

この時既に夜11時半をまわる。もっと早くから用意しなきゃね。。。
仕事中のありさ。私の苦手な仕事をけっこうテキパキとこなしてくれる。力強い味方。成長したなぁ。でも帰るときもあっさりと。「残りはヨロシク!」
座席表。作っておいて良かった。「ご自由に着席ください」だとお客さま全員が席に座るまでに時間がかかるのです。
賞品のお菓子詰め合わせセット。
子どもたちのためにゲームを考えたのでその賞品。
おみやげのフルーツグミ、ドイツのハリボー社。ベートーヴェンの顔の形をしています。期間限定発売品でハリボーの会社のあるボンで5キロ購入。
サマーパーティ会場のVilla Gilla Meerbusch.
到着するとそこにはビュッフェの用意が。
会計のお手伝いをしてくださるお母さまたち。お世話になってます。この方無しでは大変でした。人間一人じゃ生きられないのね。。

広々として会場は70人までのお食事可能。テーブル、イスも簡単に動かせて子供のパーティにはもってこいのロケーションです。
ビュッフェのようす。私の左にいるのはセーラームーン、右にいるのはうさぎさん。そう、今日は仮装パーティなのです。

まりーちゃん。姉のありさの影響でセーラームーン大好き。一昨年のセーラームーンのコスチュームはきつくなったので姉のコスチュームを借りて。
そして姉のありさは今日はネコに。

これは妖精さんになったアストリッドちゃん7歳。光山教室コンサート初参加。

うさぎさん大好きのはなこちゃん。プロコフィエフ、ショパン、クレメンティの小品を披露。

日本人娘 ななこちゃん。バッハのファンタジーハ短調と二週間で仕上げたコルサコフのバンブルビーを演奏。

私的に一番ウケた「ルパン三世」のまさともくん。もみあげに注目!そうだ次回はベストドレッサー賞を作ろ。



魔女に化けたえまちゃん。ショパンのワルツを演奏。


下はゲーム中の写真。初めて会うお友達もいたりしてまだみんなちょっと緊張気味。
ドイツ語、日本語の子どもたちが一緒に出来るゲームって何かなって考えました。みんなけっこう英語喋れるじゃん!感心感心。







作曲家カルタ大会。ショスタコーヴィチとかプロコフィエフにはまったく反応しない子どもたち。さすがにモーツァルトやベートーヴェンなどは面がワレてるので5メートルの距離をとって早いもんがち。ヨーイドン!ベートーヴェンの顔を知らない子もつられて一緒に走ってる(^^)




楽しかった会もこれでお開き。また来年開こうね。もっとパワーアップして頑張ります!

エフゲニー·ボサノフ コンサート

8月10日の日曜日にドルトムントで開かれたエフゲニー·ボサノフさんのコンサートに行ってきました。チケットは無料で、主催者のピアノ販売店オーナーであるHerr van Bremen さんの顧客のみ招待されたうちわのコンサートでした。演目はスカルラッティのソナタ三曲、ショパンのソナタ第二番、休憩をはさんで第三番でした。


ご存知の方も多いと思いますが、ボサノフさんは演奏会には必ずマイ·スツールを持っていかれるのです。写真に写っているのはFAZIOLI社の椅子。折りたたみ式でどこにでも持って行くことができます。今は製造中止になっているそうです。

演奏会も終了し、生徒のななこちゃんと記念写真をとっていただきました。私は2010年のワルシャワのショパンコンクールで初めて彼の演奏を聴いて以来のファンなのです。。シェンク教授のお弟子さんですごい人がいる、と聞いたのは2009年で、ちょうど第13回ヴァン·クライバーンのコンクールで受賞された頃でしたか。。下の写真は2011年の私と彼。。。



今日のコンサートでも彼のカリスマ性溢れる演奏で会場のファンを魅了していました。
演奏会後にみんなでお食事に行くことに。。。写真でボサノフさんが手に持っているのは折りたたまれてケースに入った状態のFAZIOLI社製の椅子。右側のイケメンさんは主催者のVan Bremenさんお跡継ぎであるマクシミリアンさん。二人は歳も近く、仲良し。


ドルトムントの日本食店「京都」に。
ボサノフさんが食しているのは鮭とリンゴのお寿司。メニューには書かれていない、知る人ぞ知る裏メニューです。


私もひとついただきました。鮭とリンゴのサクサク感、そして少し甘みのあるソースが妙にマッチしてけっこう美味しい!





上の写真は食事後にサインを書くボサノフさん。この時既に10時を過ぎていて、車をとめているパークハウスの営業時間を終了しているとは夢にも思ってませんでした。。。
Profil

光山綾子

Author:光山綾子
ドイツNRW 州 デュッセルドルフにある光山ピアノ教室 講師。
2005年開校以来毎年数多くのピアノコンクール入賞者を輩出し続け、特にドイツ青少年音楽コンクールでは通算100名以上、スタインウェイコンクールでは23名が受賞。2007年にはミュンヘン青年ピアノコンクールで最優秀指導者賞を受賞。
現在30人のピアノ生徒の教師、2娘の母親として奮闘中。

Neue Beiträge
Neue Kommentare
Monatliches Archiv
Kategorie
Suche
RSS Link
Links
Blogfreund Einladung

Mit dieser Person Blogfreund werden

QR Code
QR