エフゲニー·ボサノフ コンサート

8月10日の日曜日にドルトムントで開かれたエフゲニー·ボサノフさんのコンサートに行ってきました。チケットは無料で、主催者のピアノ販売店オーナーであるHerr van Bremen さんの顧客のみ招待されたうちわのコンサートでした。演目はスカルラッティのソナタ三曲、ショパンのソナタ第二番、休憩をはさんで第三番でした。


ご存知の方も多いと思いますが、ボサノフさんは演奏会には必ずマイ·スツールを持っていかれるのです。写真に写っているのはFAZIOLI社の椅子。折りたたみ式でどこにでも持って行くことができます。今は製造中止になっているそうです。

演奏会も終了し、生徒のななこちゃんと記念写真をとっていただきました。私は2010年のワルシャワのショパンコンクールで初めて彼の演奏を聴いて以来のファンなのです。。シェンク教授のお弟子さんですごい人がいる、と聞いたのは2009年で、ちょうど第13回ヴァン·クライバーンのコンクールで受賞された頃でしたか。。下の写真は2011年の私と彼。。。



今日のコンサートでも彼のカリスマ性溢れる演奏で会場のファンを魅了していました。
演奏会後にみんなでお食事に行くことに。。。写真でボサノフさんが手に持っているのは折りたたまれてケースに入った状態のFAZIOLI社製の椅子。右側のイケメンさんは主催者のVan Bremenさんお跡継ぎであるマクシミリアンさん。二人は歳も近く、仲良し。


ドルトムントの日本食店「京都」に。
ボサノフさんが食しているのは鮭とリンゴのお寿司。メニューには書かれていない、知る人ぞ知る裏メニューです。


私もひとついただきました。鮭とリンゴのサクサク感、そして少し甘みのあるソースが妙にマッチしてけっこう美味しい!





上の写真は食事後にサインを書くボサノフさん。この時既に10時を過ぎていて、車をとめているパークハウスの営業時間を終了しているとは夢にも思ってませんでした。。。

Maurizio Pollini ザルツブルク音楽祭

ザルツブルクのサマーアカデミー期間中には様々なコンサートが開かれています。ザルツブルク音楽祭は世界最大規模の音楽フェスティバル。毎年アンナネトレプコ、エフゲニーキーシン、グリゴリー ソコロフなどの大物スターがザルツブルクを訪れます。そして今年は。。。。

マウリツィオ ポリーニ!
ザルツブルク モーツァルテウムサマーアカデミーの参加者だけにに特別提供されたコンサートチケットは何とたったの10ユーロ!
信じられない特別価格。コンサートの前日に教授を通して各参加者にインフォがまわりました。これは行かないてはありません。モーツァルテウム学生課でチケットを受け取ります。
コンサートは夕方7時から始まるのでまずは腹ごしらえ。今日はかねてから行こうと思っていたホテルザッハのグリルテラスでお食事。さすがホテルザッハ、きれいに着飾ったお客さまでいっぱい。子供連れはちょっと目立つかも。。?

黄色いドレスに黄色のネクタイのカップルさんたち。微笑ましいですね。。。
前菜、またはスープ、メインディッシュ、デザートの日替わりコースはこれまた特価の16ユーロ!安いね。
ポリーニってだれ!って感じの子供たちにまずは説明。
ポリーニはイタリアのピアニスト。マルタアルゲリッチが受賞する五年前、アルトゥール ルービンシュタインが審査委員長を務めた1960年のショパンコンクールでは当時若干18歳、今年75歳になる現役のピアニストです。
今日の演目は;
シューマン Allegro h-moll op.8
シューマン Fantasie C-Durop.17,
そして休憩がはいり、

ショパン Ballade No.3 As-Dur op.47,
ショパン Ballade No.4 f-Mollop.52,
ショパン Deux Nocturnes op.27 No.1, No.2,
ショパン Scherzo No.1 h-Moll op.20
といったよだれの出そうなプログラムに、イントロダクションとしてArnold Schönberg のSechs kleine Klavierstücke op.19 のおまけ付き!

さて、ザルツブルク音楽祭といえばみんなおしゃれな格好をして訪れます。女性はロングドレスの方も多く見られます。大きなバックやリュックサックなどはタブー。Tシャツもまずいですね。門前払いされている人はまだ見たことないですけど。子供たちはちょっと緊張しています。

ワンピースに着替えて一安心。でもあれ?ななこちゃん、その運動靴はまずいんじゃない?コンサートホールの手前で慌てて靴を履き替えるななこちゃん。

これがコンサートホール
Grosses Festspielhaus。

そしていよいよ開演。10ユーロなのにこんなに良い席!

休憩時間にはスパークリングワイン、シャンパン、またはジュースなどが販売されていましたが0,1l のグラスが14,80ユーロ、0,75l の瓶が103,60ユーロ。。。高いねー。。。でもみんな飲んでました。涼みがてら皆さんホールの外にくりだす。ホテルザッハでお見かけした黄色いドレス&黄色いネクタイのカップルの姿も見えました。

私たちもホール内で記念撮影。ツーリストまる出し^_^;。。。
ポリーニはアンコールで革命のエチュード、さらに湧き上がるお客さんの拍手に応えてバラードの一番を演奏の大サービスぶり。とても75歳とは思えないタフさ。

夜のザルツブルクの美しい街並み。
Profil

光山綾子

Author:光山綾子
ドイツNRW 州 デュッセルドルフにある光山ピアノ教室 講師。
2005年開校以来毎年数多くのピアノコンクール入賞者を輩出し続け、特にドイツ青少年音楽コンクールでは通算100名以上、スタインウェイコンクールでは23名が受賞。2007年にはミュンヘン青年ピアノコンクールで最優秀指導者賞を受賞。
現在30人のピアノ生徒の教師、2娘の母親として奮闘中。

Neue Beiträge
Neue Kommentare
Monatliches Archiv
Kategorie
Suche
RSS Link
Links
Blogfreund Einladung

Mit dieser Person Blogfreund werden

QR Code
QR